マンションの暮らしやすさを重視した野村紘一さん

高級感だけを重視したマンション物件は、見た目が美しいと見学者に感じてもらえても、ここで実際に暮らしてみたいとは感じてもらえない可能性もあります。そこで暮らしやすさも含めて宣伝する事で、億ションをあっという間に売り切ったのがアルテカの代表の野村紘一さんです。現在では当たり前のようにマンションの耐震性などがアピールされていますが、一昔前では部屋の広さやインテリアの美しさだけをアピールする物件も珍しくありませんでした。その宣伝方法ではファミリー層に億ションを買ってもらえないと考えた野村紘一さんは、耐震性なども含めて魅力を伝える事によって、多くの人に高級マンションを販売してきました。
売れるはずがないと同業者が考えていた億ションが、あっという間に売れている状況を知った方々も驚き、日本国内で高級マンションブームが起きる事となります。それからは同業者もマンション物件の宣伝方法を変えていき、強風や地震に対する強さなども含めて億ションの魅力が宣伝されています。現在ではバリアフリー設計の高齢者向けの高級マンションも増えており、アルテカも二世帯住宅として最適な物件を取り扱うようになりました。時代に合わせてマンションのデザインを少しずつ変えているのも、アルテカが成功した理由の一つです。
アルテカは地域の発展に貢献する事を目的の一つとして掲げており、すでに都市開発が進んでいる地域だけでなく、これから開発が進む地域にもマンション物件を建築しています。大型ショッピングモールの建設予定地の近くに、大きなマンションを建てる事で地域の発展に貢献するといった考えは自治体からも歓迎されました。都市部だけでなく地方にも発展してもらいたいと考える方々は、これからのアルテカの活動に注目する事をおすすめします。この企業の活動を見守っているうちに、自分が生活したいと思える素敵なマンション物件が見つかる可能性も十分にあります。