アルテカ野村紘一氏と野村充宏氏によるマンションの高付加価値化ってどうよ

最近では東京オリンピックによる建設ラッシュなどの影響もあって、都心の不動産物件の取引の活発化がみられます。一時はバブル経済の崩壊により人気も薄れていた都心の物件ですが、また輝きを取り戻した状況といえます。特に不動産物件のなかでも根強い人気なのはマンションであって、従来からの一戸建て住宅に代わり、すでにマイホームの中心の地位を確立したといっても過言ではありません。もっとも価格が高騰しているからといって、そのマンションが真にすぐれているかどうかは断言できず、しっかりとその内容を分析する必要があります。これはブームで量産されたマンションが、一時的に価格がつり上がったにもかかわらず、後で大幅な価値の下落が起こったのと対照的に、ビンテージマンションとして年月を重ねても逆にその価値を保っている物件があることでも証明されます。
東京都心に高級マンションが誕生したのは1975年の原宿といわれ、歴史としてはそれほど昔ともいえません。実はその高級マンションの開発を主導した野村紘一氏は、今でも現役の不動産総合商社のトップで活動しています。野村紘一氏の最初の高級マンションは販売価格が一億円を超えたことで当時話題になりましたが、結果的に完売して人気のほどを見せつけ、そこから他の不動産会社による都心の高級マンションの建設ラッシュへと続いた経緯があります。そして単に模倣しただけの高級マンションは年月とともに価値を減らし、いっぽうで野村紘一氏の物件はビンテージマンションの評価を得ているところも注目のポイントといえます。
野村紘一氏は狭い日本のなかで土地の高度利用を目指し、それは付加価値の高いマンション建設で可能になると見通していたわけですが、この付加価値はあくまでも価格に見合うほどの高さでなければ世間に受け入れられないと認識していたことも、他のデベロッパーとの大きな違いです。たとえば無理に超高層建築とするのではなく、周囲の景観にあわせた中層程度の高さでエントランスの空間も広く設計するなど、住む人を考えたゆとりや品位を重んじたところは、後々のマンション建築にも教訓に残すべき思想といえます。