野村紘一さんは優れた先見性を持っている

野村紘一さんは効率良い土地活用を提唱しており、それが地域の活性化につながると考えています。土地とはお金と同様に資産であり、上手に活用することで権利収入につながります。例えば大家さんが得られる収入は労働収入とはまったく性質が違っているのです。労働力を提供しなくても毎月収入が得られるシステムは素晴らしいです。自分が病気になって働けなくなっても、所有する土地が資産を生み出してくれます。
土地活用が有用なことは多くの人が認識していますが、それをさらに普及させたのが野村紘一さんです。彼は高級マンションのベルテシリーズを誕生させた人物としても知られています。超高級物件を数多く手がけていますが、ひとつとして同じ物件はありません。これには非常に大きな意味合いがあり、同一物件がないからこそ真似されにくい現実があります。同じ物件を立て続けに出していると、必ずライバルに真似されるでしょう。真似を防いで最先端を突き進むためには、常に新しい物件を手がけることがポイントです。
野村紘一さんは億ションのパイオニアとして長年携わってきました。お金持ちの購買意欲をかき立てるだけでなく、土地の有効活用という目的もあったのです。わずか数年の間に20億円や30億円といった物件も投入していきました。これほど高額物件を誕生させた背景には、売れるという確信があったわけです。時代を先取りすることを得意としており、これがライバルに対する優位性になっています。
ライバルに負けないためには、自分が時代を作り上げていく必要があります。他社の真似をしていると、すぐに限界にぶち当たってしまうのです。既存マーケットの中から取り合いをするよりも、マーケットを広げていくほうが何倍も効果的です。ただそれができるのはビジネスにおける先見性と行動力のある人に限定されます。野村紘一さんは非常にやり手の人物で、それはアルテカが現在まで無借金経営を続けていることからもわかります。