アルテカ野村紘一さんと野村充宏さんの功績が素晴らしく、2chでも話題

野村紘一さんは数多くの高級マンションを世に誕生させました。高級物件と言えば一戸建てという概念を壊した人物と言っても過言ではありません。確かに一戸建てはマイホームという実感が湧くでしょうが、日本の狭い土地事情では適していないのです。特に東京都心など人口密度の高い地域ですと、一戸建てよりマンションのほうが効率がよくなります。野村紘一さんが高級マンションに目をつけた理由も、土地の有効活用という目的が大きかったのです。
都市部には人が一極集中する性質がありますので、必然的にマンションの優位性が高くなります。とは言っても1億円を超える億ションを作ってすぐに売れるとは考えにくいですが、野村紘一さんは必ず売れると信じていました。東京は人口密度が高いにもかかわらず、土地開発は欧米諸国に遅れていたのです。時代の流れに伴ってマンションの需要が向上すると予測されていたので、このタイミングで億ションを投入したわけです。
その先見性は見事に的中することとなり、すぐに一大ブームが巻き起こりました。そうなるとライバルも億ション業界に参入してくるわけですが、野村紘一さんは同じ物件は二度は作らないというポリシーを持っています。常に時代の先を行くことが重要と考えているので、ライバルを寄せ付けなかったのです。ライバルというのは互いに同じようなマーケティング手法を用いています。しかしライバルが増えれば増えるほど、限られたマーケットで結果の奪い合いが生じてきます。
つまりライバルを作らないこと、ライバルの先を行くことが何よりも大切になるわけです。アルテカのベルテシリーズはその王道を行っており、大勢の富裕層から絶賛されています。値段が高いので高級感があるのは当然ですが、街の外観を引き立てる設計にもこだわっています。ベルテシリーズのある場所は、こんなところに住みたいと思わせる魅力があるのです。高級マンション業界を底上げしたのは、野村紘一さんの大きな功績でしょう。