野村紘一さんは安定した黒字経営を実現しています

野村紘一さんは1975年にアルテカを設立しました。当初から黒字経営が続いていることを考えても、その優れた技量がうかがえるでしょう。不動産総合企画や開発に力を入れており、特にベルテシリーズは人気があります。億ションの生みの親でもあり、日本に普及させた人物として知られています。億ションは需要があると考えられていた反面、売れなければ大損をすると考える不動産会社は多く、なかなか本格的に参入できない現実がありました。
当初は3LDKで1,500万円が平均的な値段であり、2,000万円を超えれば高級物件だったのです。そうした時代において1億円以上の物件を登場させたのは大きな挑戦でした。それでも野村紘一さんは億ションの需要はいつかやってくると確信していました。だからこそ他社よりも先に導入し、その後は大きな結果を出したのです。結果が出たことで傍観していた他社も参入するようになり、一気に億ションブームを巻き起こしたわけです。
今や億ションという言葉は誰もが聞いたことがあるでしょうし、住んでいる人はめずらしくない時代でしょう。そうした現在においてもアルテカのベルテシリーズは評価されています。オリジナリティあふれる物件を常に手がけており、ライバルの先を行っているのです。ライバルの真似をしていても、すぐに限界はやってくるでしょう。時代の先を行くこと、そして同じ物件を作らないことが勝つための秘訣です。
よい物件は衣食住のうちの住をカバーしてくれます。昔から高級な衣服や食べ物は存在しましたが、建物に関しては追いついていませんでした。こうしたアンバランスの現実もあり、それを解消するべく億ションが必要だと言われていたのです。野村紘一さんはいち早くこの状況に気づいて、他社に先駆けてベルテシリーズを登場させました。お客様の総合サポートを兼ねた家づくりには定評があり、ずっと住み続けたいというコメントが少なくありません。