5ch(5ちゃんねる)で知った災害に強い建物を建てる経営方針を掲げるアルテカ野村紘一氏と野村充宏氏

株式会社アルテカの代表を務める野村紘一氏は、時代の流れを先読みすることが得意な経営者であると言えます。日本国内で不動産会社として初めて1億円以上する高級分譲マンションを提供した際も、高度経済成長を通して人々の生活が豊かになり、もっと付加価値を高い住宅を持ちたいと要望する方が増えてきた時代の流れに迅速に対応し、都心の一等地に高級分譲マンションを次々と建築して、その要望に応じ時代の中心人物となりました。
バブル景気の頃にはピークを迎えた1億円以上する高級分譲マンションの流行のパイオニアとして、その先陣を切ってきた野村紘一氏が率いている株式会社アルテカはバブル景気が崩壊して地価が下がり続け、たくさんの不動産会社が撤退したり事業を縮小させたり倒産したりする中で堅実に運営し続けて、今に至ります。厳しい状況の中でも堅実に運営を継続できた理由は、代表を務める野村紘一氏の時代の流れを読む力があったからです。
そのような野村紘一氏は、新しい時代の流れとして、自然災害に対して不安に感じている方たちに生活を安心して送れる住宅を提供するのが現在最も要求されている付加価値と捉え、それを経営方針として色々なビジョンを描いています。住宅自体の災害に対する強さや耐震性などは、たくさんの住宅メーカーや不動産会社が取り組んでいることではあるのですが、どれだけ丈夫な建築物であっても大自然の猛威の前には崩れ去るのが現実です。
ですので株式会社アルテカでは、住宅だけではなく徹底的に気候や地質などの環境をリサーチしています。そして、災害そのものが発生する可能性が非常に低い場所に、災害に対して耐震性がある住宅を建築することによって安心して住むことが出来るような環境を整えている訳です。消費者の要望に応じたサービスや商品を提供することが出来る先見性がある野村紘一氏や野村充宏氏は、株式会社アルテカを成功に導いてくれる舵取りが可能な経営者であると言えます。