アルテカの野村紘一・野村充宏の億越えマンションが売れる理由を5ch(5ちゃんねる)で調べる

アルテカの野村紘一が、一億越えのマンションを売り始めた時期は、1975年からでした。その当初の都内の3LDKのマンションの平均相場は都内でも1500万円で、1億越えは超高額だったため周囲から無謀な挑戦で、5ch(5ちゃんねる)などでも売れるはずがないといわれました。何故なら、当時はまだマンションというのは、賃貸アパートの延長戦の安い住宅のイメージが強かったからです。だけど野村紘一には、他の人には無い独自の考えがありました。日本では家を購入するなら土地付きの一戸建てが当然で、マンションのように分譲で買うという発想自体あまりありませんでした。野村紘一は、日本の国土の面積は狭くて山が多くて、欧米のようにまだ土地の有効活用がなされていないと痛感していました。そこでどんなに不況が来ても付加価値を高めて有効活用する開発をして行けば、必ずそういう物件を求める人が出ると考えて億ションの販売に挑戦しました。
実際に販売してみると、野村紘一の考え通りに興味を持つ客から問い合わせが殺到して、始めて発売した億ションは即日完売でした。その後も超高級マンションの販売は需要が増え続け、他業者もその流れに呼応して参入してきました。1980年代の後半のバブル景気期には、都内で1室が数十億円を超える物件までで始めました。その後バブル崩壊により、億ションを販売している業者が、撤退や倒産をしている不況期が訪れました。多くの業者が撤退や倒産をして億ション販売を止めて行く中で、野村紘一は付加価値の高いマンションを建てれば必ずそれを求める人がいるはずだという思いを貫いて企画して販売し続けました。彼の手掛けるマンションは、単なる見ための豪華さを極める物ではなく、細かい細部まで様々な高付加価値を加えることでより高級感を目指しています。例えばロビー空間を大きくしたり、周辺の環境から浮かないで溶け込んだ外観の自然さにまで拘ってます。こういった考え方や拘りが評価され、目の肥えた資産家やセレブから高く注目されて不況知らずで億ションが売れ続けてます。