アルテカ野村紘一氏、野村充宏氏と都心における開発事業を5ch(5ちゃんねる)で見ました

アルテカ野村紘一氏は不動産総合商社のトップとして5ch(5ちゃんねる)でもすでに有名ですが、同氏の名を世間に知らしめたのは、やはり何をおいても東京都心における超高級マンション開発を我が国ではじめて手掛けた業績といえるでしょう。これは高度経済成長の余韻が残る1970年代のことであり、原宿に1室の価格が1億円以上という超高級マンションができたときには、不動産関係者ならずとも大きな驚きを覚えたものです。当時の一般的な都内のマンションの価格は1500万円台というのが相場になっており、ここから判断すると常識をくつがえす物件であったことはたしかといえます。それでも野村紘一氏の読みどおりの展開、つまりは物件が売り出されると購入希望が押し寄せて、ついに完売となったことからみても、潜在的に大きな需要があって、野村紘一氏は独自の読みでそれを掘り当てたのだということができます。この快挙があって以降、他の不動産デベロッパーでも東京都心が居住の場としてすぐれていることを再認識し、いっせいに超高級マンション開発をすすめるようになったため、またたく間に一種のブームが発生したことも、やはり野村紘一氏の功績といえるでしょう。
当時はまだ一戸建て信仰の根強い時代であって、マンションの快適さは知られるようにはなってきたものの、まだまだ普及の面では改善の余地がありました。他のデベロッパーはそのことにはあまり気づいていなかったようですが、野村紘一氏自身は狭い国土の高度利用を図って付加価値の高い物件を提供していくことの有益性をしっかりと把握しており、その信念にしたがって行動したものといえます。もちろん誰も手掛けていない事業に踏み出す以上は、それなりのリスクや覚悟も織り込んだ上のことのはずであり、後から考えてみればそれだけの価値のある事業だったといえるでしょう。同氏が先鞭をつけた超高級マンションは現在でも評価が高く、住まいにふさわしい環境として考え抜いた立地、ゆとりのある設計や機能的な室内空間などは、他の多くの物件にも引き継がれています。