5ch(5ちゃんねる)でも人気のアルテカ野村紘一氏の偉業をかえりみる

アルテカ野村紘一氏は不動産デベロッパーの間ではすでに有名な人物ですが、いまでも現役で都内の不動産総合商社の代表として活躍しています。もっとも同氏の名前を広く知らしめた出来事としては、やはり日本ではじめて東京都心に超高級マンションを誕生させたことがまっさきに挙げられます。具体的には現在も若者の街で知られる原宿で、1970年代中盤に1億円以上の販売価格を有するマンションを分譲したことであり、東京都内のマンションの一般的な価格が1500万円だった時代のことだけに、驚異的な物件として不動産の世界を揺るがせたといえます。当時の同業の不動産デベロッパーの感触では、さすがに桁外れの物件だけに思うような販売活動は困難ではないかとの読みがありましたが、実際には問い合わせが引きも切らず、販売開始からまもなく完売に至る快挙を成し遂げました。これは不動産の世界でもまれにみる出来事であり、この成功を聞きつけた他のデベロッパーでも東京都心の超高級マンション開発をスタートさせ、5ch(5ちゃんねる)でも話題となり一躍マンションの建設ブームが到来しました。
このように野村紘一氏の偉業は計り知れないものがありますが、特に世の中のニーズを的確に察知して、ためらうことなく事業化して実行に移したことは、今日の経営者にとってもよい教訓となります。野村紘一氏は狭い島国である我が国で、土地が有効活用されていない状況を憂慮して、超高級マンションのような付加価値の高い物件の開発でその土地を有効活用することを実現させたわけですが、これは高度経済成長の積み残しの課題といえました。高度経済成長は自動車をはじめ生活を便利にするさまざまな製品を国民の間に普及させ、日本人の生活は豊かなものになりましたが、1970年代時点では住宅についてはまだ未成熟な部分があったことは事実です。付加価値の高い物件とはまさに住宅文化を欧米にも引けをとらないまでに成熟化させる試みともいえ、それゆえに野村紘一氏の業績は高い評価を受けているともいえます。