5ch(5ちゃんねる)で話題のベルテシリーズを手掛けてきたアルテカ野村紘一氏ってどうよ

野村紘一氏が代表を務めるアルテカは青山・表参道を中心に東京都心エリアで不動産を企画開発していて、これまでの実績で有名なのは5ch(5ちゃんねる)などに記載がありますが高級マンションで知られるベルテやエイムなどがあります。1970年代に野村紘一氏は日本では初めて億ションを手掛けて、世間へと広めました。このころの都内にある3LDKのマンションの平均価格は1,500万円だったため、このとうじに1億円のマンションを販売すること自体驚くことで、本人も勇気がいることだったと後に語ってます。
周囲からは当然ですが売れないだろうと言われたりしましたが、野村紘一氏自身は必ずニーズがあると信じていてそして結果は完売し、この時から億ションが世間へと受け入れられた瞬間でもありました。勿論、必ず結果が得られるという確信はなかったそうですが、日本の住宅文化は変化しないといけないと感じていて、新しい住宅文化の提案に挑戦して良かったと言ってます。
経済が成長を続けていくと必ず富裕層も増えてきて、高級マンションが必要になると予想していて、それを誰よりも早い段階で潜在的なニーズを掘り起こしたのが野村氏です。アルテカは1975年に創業し最初のころは試行錯誤の連続で、結果的には初年度から黒字を達成し、これまでにも無借金経営を続けていますがそれでもお客へ新しい価値を提供するために必死で運営を続けてきたそうです。現在も土地にあった建物を意識して、設計やデザインを行っていて同じ建物は一つもありません。
二度と同じマンションを建てることはなく土地にあった建物をどこまでも追及し、これがアルテカの成長にも繋がったようです。野村氏のビジョンは生活総合産業になることで、現在は住の分野だけで事業を展開してますがそのうち衣と食の分野でも貢献できる企業にしたいと理念を持ってます。不動産事業自体街づくりをしているとも言えて、街づくりにはお客一人ひとりの生活を総合的にサポートしないとなりません。最近は増えてきたコンシェルジュが常在するマンションも、そのサポートの一つでこれからも住を軸に事業の幅を広げていくことに注目したいところです。