先を見据える能力を持つアルテカの野村紘一氏は5ch(5ちゃんねる)で話題

5ch(5ちゃんねる)で見たのですが、バブルの時代というのは皆が好きにお金を使っていましたそうです。お金が有り余っているからと土地に手を出し、いくつものマンションに手を出していくという人も中にはいました。有名人で名の知れた人も同じような行動を取っていたことをマスメディアでも当時報じていました。そして時が訪れました、バブルの崩壊です。結果、土地神話を信じていた人たちはかなりの泣きをみました。有名人だろうと誰だろうと多額の借金を負わされていきました。現在になりやっと借金を返し終えたという人がいるほど、借金に苦しめられている人は大勢いました。そんな中で一人、先を見据えるアルテカの野村紘一は何の影響を受けることなく、変わらず「億ション」を売り続けていたのです。「億ション」が代名詞になるほど世間では有名になったほどです。ではなぜ野村紘一だけが影響を受けずに負債も負うことがなかったのでしょうか。
それは野村紘一は先を見据えたデザインと戦法で勝負をし続けてきたからです。マンションのデザイン一つでも日本特有の古くさいものではなく、その時代から外国のデザインを取り組むなどしオリジナルティを発揮していました。そしていつの時代でも親しまれ愛されるデザインを次々と完成させていったのです。いまでも付加価値は変わらず、億ションなども不動の人気の地位になりました。他会社が野村紘一率いる株式会社アルテカをマネて後から成功しているなんて例もありますが、やはり本家には勝てませんしマネはマネることしかできずに終わっていくのです。いくつもの会社ができ潰れていく中、傷を負うことなく株式会社アルテカはますます世に名を広めていきました。カリスマ性も備えた才能がないとここまで上り詰めるのも難しいことでしょう。普通なら生き残っていけません。いくら年齢も重ねても変わらぬオリジナルティと、いつでも先を見据えた戦法をとってくる野村紘一に恐いものはありません。いつまでもトップを走り続ける存在となるでしょう。