野村紘一はみん就や5chで話題のアルテカの偉大な創業者です

みん就で話題のアルテカは不動産の総合商社ですが、億ションの販売元としてのイメージが強いかもしれません。日本に初の億ションが登場したのは1975年だと言われており、それが野村紘一の手がけるベルテ原宿でした。都心の利便性を実感できること、そして気軽に周辺施設にアクセスできること、などを重視して作りました。また見た目が豪華で格式・品格があり、…

続きを読むread more

2ちゃんねるで話されている野村紘一さんとアルテカの実力とは

アルテカは創業40年を超える実績があり、不動産の総合商社としての地位を確立しています。ニーズを満たすために試行錯誤し、いかにライバルと区別するかを重視しています。億ションのベルテシリーズは絶大な人気があり、土地開発からこだわりがあるのです。不動産に関するノウハウは豊富に蓄積しており、お客様に最高の価値として還元しています。震災に負けない…

続きを読むread more

2ちゃんねるで見かけた、野村紘一さんと億ションの関係とは

日本に億の物件を初めて誕生させたのが野村紘一さんで、当初はマンションに億を出すという概念はありませんでした。住宅は住めれば良いと考えている人が大勢いたのが事実で、不動産業界は億ションなどの高級物件にはなかなか手を出さなかったのです。こうした時代において先見性を持って億ションを市場に投入したのが野村紘一さんでした。富裕層をターゲットにした…

続きを読むread more

野村紘一さんは安定した黒字経営を実現しています

野村紘一さんは1975年にアルテカを設立しました。当初から黒字経営が続いていることを考えても、その優れた技量がうかがえるでしょう。不動産総合企画や開発に力を入れており、特にベルテシリーズは人気があります。億ションの生みの親でもあり、日本に普及させた人物として知られています。億ションは需要があると考えられていた反面、売れなければ大損をする…

続きを読むread more

アルテカ野村紘一さんの功績が素晴らしく、2chでも話題

野村紘一さんは数多くの高級マンションを世に誕生させました。高級物件と言えば一戸建てという概念を壊した人物と言っても過言ではありません。確かに一戸建てはマイホームという実感が湧くでしょうが、日本の狭い土地事情では適していないのです。特に東京都心など人口密度の高い地域ですと、一戸建てよりマンションのほうが効率がよくなります。野村紘一さんが高…

続きを読むread more

野村紘一さんは優れた先見性を持っている

野村紘一さんは効率良い土地活用を提唱しており、それが地域の活性化につながると考えています。土地とはお金と同様に資産であり、上手に活用することで権利収入につながります。例えば大家さんが得られる収入は労働収入とはまったく性質が違っているのです。労働力を提供しなくても毎月収入が得られるシステムは素晴らしいです。自分が病気になって働けなくなって…

続きを読むread more

野村紘一氏によるマンションの高付加価値化

最近では東京オリンピックによる建設ラッシュなどの影響もあって、都心の不動産物件の取引の活発化がみられます。一時はバブル経済の崩壊により人気も薄れていた都心の物件ですが、また輝きを取り戻した状況といえます。特に不動産物件のなかでも根強い人気なのはマンションであって、従来からの一戸建て住宅に代わり、すでにマイホームの中心の地位を確立したとい…

続きを読むread more

野村紘一さんの評価されているポイント

不動産企業の株式会社アルテカの野村紘一さんは、1975年に億ションという高級マンションの販売で成功した人物です。当時評価されたのは、戸建てを希望する人が一般的だった時代において、付加価値が非常に高い高級マンションを市場に投入したことです。また、売れないといわれていた状況を覆す売れ行きを見せ、他の不動産企業も無視できなくなった注目もまた、…

続きを読むread more

野村紘一さんのマンションは高付加価値がついている

一軒家を建築する場合、特に注文住宅であれば、入居者のこだわりを色濃く出すことができます。ただマンションの場合は、それぞれの部屋は好きなようにできますが、共有スペースとなる廊下やロビーなどは建設会社の意向が出されます。そのため気に入ったものではなかったり、コストが抑えられたものになる可能性があります。しかし色んな物件を見てまわったときに、…

続きを読むread more

マンションの暮らしやすさを重視した野村紘一さん

高級感だけを重視したマンション物件は、見た目が美しいと見学者に感じてもらえても、ここで実際に暮らしてみたいとは感じてもらえない可能性もあります。そこで暮らしやすさも含めて宣伝する事で、億ションをあっという間に売り切ったのがアルテカの代表の野村紘一さんです。現在では当たり前のようにマンションの耐震性などがアピールされていますが、一昔前では…

続きを読むread more

野村紘一さんの億ション造りに対する考え

野村紘一さんが初めて億ション建設を行った1975年あたりは、家を買うなら一戸建てと考える人が多かった時代で、さらに高級なマンションは売れないとされ建てる人もいなかったときです。ベルテシリーズのオーナーとの対談で、都内で3LDKのマンションの平均価格が1500万円で売られ、その価格帯の物件を多く求める人がいた時代に億ションを建てようと考え…

続きを読むread more

野村紘一氏の理念によって様々なものが考案された

野村紘一氏は、株式会社アルテカという不動産総合商社で代表者を務めている人物です。不動産業界に詳しい人であれば名前を聞いたことがある人も少なくありませんが、実は1戸あたりの販売価格が1億円以上する高級分譲マンションを日本国内で初めて販売した人でもあります。 また野村紘一氏は、昭和50年に株式会社アルテカを立ち上げていて今現在でも、代表者…

続きを読むread more

アルテカ野村紘一さんのマンションは街づくりにも貢献していると2chでも見かける

現在は通勤しやすいように、会社から30分圏内のところに住んでいますが、賃貸なのでいつかはマイホームを手に入れたいと考えます。マイホームは一生に一度あるかないかの大きな買い物になるので慎重にしたいですが、そうなると様々な条件が出てきます。特に気になるのは、入居してから数十年後も快適な生活ができるかどうかということです。高齢になる両親は祖父…

続きを読むread more

野村紘一さんの経営理念とは何か

野村紘一さんは、都心の高級物件を中心に販売するアルテカの社長であると同時に、現代の不動産の状況を生み出した非常に重要な人物であることもよく知られています。現在では都心に住むことが1つのステータスとなっており、多くの人が憧れるものとなっていますがそのきっかけを作ったのが野村紘一さんの戦略であるといわれているのです。 従来都心はオフィスが…

続きを読むread more

野村紘一さんの等価交換方式という発想がすごい

離れて暮らす両親は、かなり前に一軒家を購入して住み続けています。しかし年齢を重ねるごとに車の運転に不安を感じたことから、車を持っていなくても快適に住むことができるような住まいを手に入れたいと考えるようになったようです。そこで不動産会社に相談をしたところ、一軒家の査定額を出してもらいました。築年数は古いですが、快適に住むことができるように…

続きを読むread more

野村紘一氏の凄さを知りましょう

どの業界にも、革新を起こした人物がいると言っても良いのではないでしょうか。不動産総合商社を創業し、現在は会長職に就いている野村紘一氏も、不動産業界に革新を起こした人物です。現在では住宅を購入する場合は一戸建てだけではなく、マンションを希望する場合も多いでしょう。最新の機能や設備、美しい外観を持つ新築マンションが日本全国にあり、中には億シ…

続きを読むread more

野村紘一さんによる億ションの開発

創業から43年以上アルテカという会社を存続させてきた野村紘一さんのビジネススキルは、非常に高いと言えるでしょう。 株式会社アルテカをしっかりと理解するためには、その創業者である野村紘一氏についてしっかりと知る必要があり、その特徴や特色について理解をする必要があるということがいえます。1975年に億ションを開発した時によって、時代に先駆…

続きを読むread more

野村紘一という人物が起こした変化

日本の不動産業界で大きな変化を起こした人物として、野村紘一氏がいます。株式会社アルテカの代表を務めていますが、最も大きな成果なのが1億円を超えるようなマンションを日本に普及させたことです。高度成長期を経た後でも日本の住宅の価値観はあまり変わりがなく、マンションもアパートの延長の位置付けと考えられていたため、1975年当時では3LDKの平…

続きを読むread more

億ションで新時代を築いた野村紘一さん

総合不動産企業の株式会社アルテカを代表する野村紘一さんは、かつて億ションを生み出して一躍時の人となった人物です。それまでマンション価格は1千万円台が一般的で、家を買うといえば戸建てを選ぶ時代でした。しかし、1975年に分譲マンションの億ションを販売してから、この常識は大きく変わり始めています。最初の億ションのベルテ原宿が販売されると、次…

続きを読むread more

野村紘一さんの経営哲学が強いわけ

野村紘一さんが作り上げたベルテブランドは、現在でも億ションの代名詞となっています。創業したのは昭和50年のことであり、当時から黒字の経営をしていました。さらに借金をしないことをモットーにしており、それは現在まで続いています。借金をすればするほど金融機関に多くの利息を支払うことになります。これは大きな負担になるでしょうから、いかに借金を減…

続きを読むread more