アルテカ野村紘一氏と野村充宏氏が手掛ける高級物件の内訳

マンションの価値は土地で決まることが多く、特に都心では建物より土地評価のほうが圧倒的に高いです。地価の高額な物件というのは、周辺施設とのアクセスが優れているので、生活していて便利を最大限に感じることができます。便利か不便かは想像以上に重要なポイントであり、人は不便を感じるとストレスを覚える仕組みになっています。野村紘一氏が携わる億ション…

続きを読むread more

アルテカ野村紘一氏と野村充宏氏とマンション開発のはじまり

東京都心のマンションは東京オリンピックのアナウンスメント効果もあって好調を維持していますが、都心でマンション生活をするライフスタイルは別に昔からの風習というわけではなく、意外と新しい時代のものです。もちろんこのようなライフスタイルを形成したきっかけがあったことも事実であり、そのひとつにアルテカ野村紘一氏が東京の原宿で1970年代にはじめ…

続きを読むread more

等価交換を生んだアルテカ野村紘一氏と野村充宏さんのアイディア

東京都心は地方とは違って鉄道やバスなどの交通が発達しており、どこへ行くのにも便利ですし、生活に必要なレストランや病院、学校などもいろいろとあります。そのために地価は地方と比較して格段に高くなっており、土地の所有者の負担となる固定資産税、あるいは相続した際の相続税の金額は莫大です。はじめから事業などの用途で適切に活用できていれば、どれほど…

続きを読むread more

野村紘一はみん就や5chで話題のアルテカの偉大な創業者です

みん就で話題のアルテカは不動産の総合商社ですが、億ションの販売元としてのイメージが強いかもしれません。日本に初の億ションが登場したのは1975年だと言われており、それが野村紘一の手がけるベルテ原宿でした。都心の利便性を実感できること、そして気軽に周辺施設にアクセスできること、などを重視して作りました。また見た目が豪華で格式・品格があり、…

続きを読むread more