野村紘一さんや野村充宏さんの評価されているポイントってどうよ

不動産企業の株式会社アルテカの野村紘一さんは、1975年に億ションという高級マンションの販売で成功した人物です。当時評価されたのは、戸建てを希望する人が一般的だった時代において、付加価値が非常に高い高級マンションを市場に投入したことです。また、売れないといわれていた状況を覆す売れ行きを見せ、他の不動産企業も無視できなくなった注目もまた、大きな影響を与えた成果だといえます。これは不動産市場に良い刺激を与え、潜在的な富裕層を浮かび上がらせた点が、高い評価を得ているポイントです。
野村紘一さんが評価されているのは、一億円という破格でも買う人はいると証明したこと、そして同じものを造らず常に新しい商品開発を追求する姿勢です。確かに、ベルテやベルアといったブランドを生み出し、それぞれに共通のイメージを持たせることで、億ションの魅力を高めています。
しかし野村紘一さんは同じマンションは造らないと公言しているので、毎回異なる付加価値を持たせているわけです。そういう妥協を許さず満足しない姿勢こそが、億ションのパイオニアとしての評価に結びついています。野村紘一さんは他にも、荒波の激しい不動産業界で40年以上も会社を経営していたり、無借金経営の記録を更新し続けていることが一目置かれます。代表のもとには約200名の従業員が集まり、提案や取り組みができる社風と好評です。
顧客に本当に価値のある商品を提供する、商品開発によって社会に貢献するなど、野村紘一さんには不動産事業に関わる者としての信念があります。余っている土地を有効に活用したい、価値や魅力が感じられる不動産が欲しい、そういったニーズに耳を傾け応え続けます。マンションは高級路線で多様なニーズに応えていますし、商業施設の開発にも貢献することで、社会を支える役割りを担っています。公共の施設や海外リゾート開発にも乗り出していますから、高級マンションの成功で満足しない攻めの姿勢が高く評価されます。