2ちゃんねるで見かけた、アルテカの野村紘一さんと野村充宏さんと億ションの関係とは

日本に億の物件を初めて誕生させたのが野村紘一さんで、当初はマンションに億を出すという概念はありませんでした。住宅は住めれば良いと考えている人が大勢いたのが事実で、不動産業界は億ションなどの高級物件にはなかなか手を出さなかったのです。こうした時代において先見性を持って億ションを市場に投入したのが野村紘一さんでした。富裕層をターゲットにした物件づくりをコンセプトにしており、それは昔も今も違いありません。
富裕層は十分な資産を有しているので、良いと思ったものには大金を支払います。節約家だと言われることが多いですが、お金を支払うべきか見極めているだけです。野村紘一さんは等価交換方式という仕組みも誕生させており、これは個人の負担を最小限にしつつ物件のオーナーになれる制度です。新しいものを次々と生み出せたのも、優れた先見性があったからでしょう。大きなメリットを提供できれば、人は集まってくるわけです。
野村紘一さんは不動産を通じて、生活の底上げをしたいと考えています。安全・健康な生活は誰もが望むところですし、美容にも関心があるでしょう。高級マンションを手に入れたならば、今度は生活レベルを上げたいと考えるのが人間です。日本は不景気だと言われていますが、富裕層はますます裕福になっている現実があります。実際に高級外車は飛ぶように売れている現実があり、これは高級マンションにも言えることです。
アルテカのベルテシリーズは高級マンションの先駆け的な存在であり、ライバルよりも常に前を進んでいます。新しいコンセプトの物件を次々と生み出しているので、ライバルは真似をすることができないのです。真似をさせないことは最高の戦術であり、大きなマーケットを確保するために欠かせません。マーケットを維持するためには、新規に開拓していくことが大切だと野村紘一さんは考えています。既存マーケットでシェアを奪い合いするのは効率的によいとは言えません。