5ch(5ちゃんねる)によると、アルテカ野村紘一氏と野村充宏氏は億ションの市場投入で賭け?

1億円以上の販売価格で売られているマンションのことを億ションと呼びますが、億ションとは億以上の価格を持つマンションの略称です。今の時代はあまり億ションなどの言い方をする人は少なく、どちらかというとハイクラスや超高級マンションなどの呼び方をされる人の方が多いのではないでしょうか。都心部を中心にタワーマンションの建設ラッシュが続いていますが、タワーマンションは高層階になるほど販売価格が高くなる傾向があるようで、価格が高いと同時に住居の専有面積も100平米を超えているものが多くあるのが特徴です。
マンションはメゾネットタイプを除けばワンフロアにすべての住居空間があるのが特徴、億ションともいわれている超高級マンションの中にはワンフロアの中にベッドルームが複数あり、ゲスト用の専用の部屋を想定している物件も少なくありません。一般的には、1つの家族が生活を送るための住居スペースのイメージが強いかと思われますが、億ションの中にはゲスト用のベッドルームの他にもトイレやバスルームがゲスト専用として用意されている、普通に考えればトイレやバスルームは1つあれば良いわけですが富裕層をターゲットにしていることやゲストを迎える際の心配りを考慮する設計になっているのも富裕層からの注目を集めているポイントといえましょう。
アルテカ野村紘一氏が発案したとされる億ションは、高付加価値を設け差別化を図るなどのコンセプトの下に設計が行われ、都心の3LDKが1,500万円の相場の時代に野村紘一氏が市場に導入したのが始まりです。1,500万円出せば都内である程度の物件を買うことができる時代に登場したわけですが、販売を始めると同時に多くの反響を得た、野村紘一氏が描いている高付加価値を持つ商品と差別化を図るコンセプトが1970年代から受け入れられたことになるわけです。ただ、今の時代のように多くの物件があったわけではなく、特に初の試みなどからも、大きな賭けをしていたのではないでしょうか。今では野村充宏氏とともにさらなる活躍が期待されています。