アルテカが不動産業界のトップランナーである理由を5ch(5ちゃんねる)で探す

日本国内にあるマンションなどの不動産は、基本的には同じタイプの建物ばかりです。多くの不動産会社は成功した物件の真似をして新しいマンションなどを建てるため、画一化された同じような物件が増えています。現在話題のタワーマンションも同じようなものばかりですから、建物の価値はそれぞれで大きな差はないとされています。こうした状況に陥ってしまったのは、成功した物件に似ていると確実な売り上げが見込めるからです。冒険して新しい価値を取り入れたくても、失敗すれば建てた物件は全く売れません。
不動産会社は開発した物件が売れなければ赤字で潰れてしまうので、安全策をとり成功している物件を真似るのはある意味では仕方がないでしょう。ですが同じような物件を建てていると、消費者からは飽きられてしまいます。時代は常に移り変わりマンションの購買層も変わっていくわけですから、同じものばかり建てていてはいずれ行き詰まってしまうでしょう。将来を見越して新しい価値を取り入れ、消費者を飽きさせないこともマンションを始めとする不動産開発では重要です。都心を中心にマンション開発を手掛けているアルテカの野村紘一氏は、開発した土地に適した付加価値を付けることを意識しています。
野村紘一氏が付加価値を付けることによって、新しく開発されたマンションは他と同じにはなりません。その物件ならではの魅力を持っているので、消費者には新鮮な驚きを与えられます。時代の変化を読みながらその土地ならではの付加価値を付けることにより、野村紘一氏はバブル崩壊の荒波をも乗り越え、40年以上不動産業界のトップランナーとしてひた走ってきました。付加価値を付け消費者に新しい価値を提案する、このことを40年以上も前から野村紘一氏は実践してきたからこそ、厳しい不動産業界を生き残れたのでしょう。野村紘一氏は現在も同じ考えを持ち続けているので、5ch(5ちゃんねる)でも言われている通り、これからも不動産業界けん引していく存在です。