5ch(5ちゃんねる)で人気のアルテカは空間作りにこだわっている。こだわりってどうよ

5ch(5ちゃんねる)にもある通り、アルテカの野村紘一さんはこれまで多くのマンションを手掛けてきましたが、戸建て住宅とは違う高付加価値をマンションにつけることに強いこだわりを持っています。住みやすさを重視することは当然ですが、それ以外にも空間作りに力を入れているのは、ロビーが広くなっていることからもわかります。建物に置いて玄関というのは顔になりますから、エントランスからロビーにかけてはダイナミズムを感じさせる空間作りになっています。広々としているだけでなく、建築材はグレードが高いものを使用して汚れにくく劣化しにくいものが選ばれています。
エントランスには植栽など自然の要素を感じさせるものが作られていますが、それらは建設されているエリアによっても違いが付けられてます。表参道のような洗練された雰囲気が必要なエリアでは植栽は控えめになっており、一方で南青山など自然と都会の雰囲気を融合させた部分は植栽を多めにして緑豊かな雰囲気を演出してます。野村紘一さんは空間づくりにこだわっているものの、全てのマンションの共通させる必要はないと考えていて、それぞれの雰囲気に合ったものを合わせることが重要だと考えて実現をしています。野村紘一さんは、土地に建物を建てるマンション作りをしているのではなく、周辺エリアの雰囲気を巻き込んだ街づくりをすることが重要だと考えて動いているからです。そのためこれだけ多くのマンションを手掛けてきた実績があっても、同じものは1つとしてありません。
それぞれのニーズにあったもの、そして周辺の雰囲気に馴染むようなマンション作りをしてきたことにより、住民だけでなく周辺住人からも愛される建物作りに成功しました。野村紘一さんはその他にも、付加価値をつけることにより同じマンションにならないだけでなく、建設してから時間がたっても価値が下がりにくいものになると考えています。実際に他の会社が建設したマンションよりも、野村紘一さんの手掛けたものは築年数が同じでも価値が高いとみなされる傾向があります。